営業時間(10:00~20:00) TEL:072-771-1771

伊丹のカンザキ

MENU
4

CART
4

サイクルパーツ サイクルパーツ > コンポーネント


シマノ アルテグラ(R8000)8点セット

●カラーバリエーション マウスをあわせると上記写真を変更します


クランク170mm/50-34、カセット11-28Tの8点セットが
数セット入荷しました!!


※価格は標準的なスペックを基準に設定しております
ご希望の歯数等によっては価格が異なりますのでご了承ください



シマノコンポーネントを上位グレードからクラス順に並べると
デュラエース→アルテグラ→105となるのですが、
その中でも価格面でも性能面でも一番オイシイ立ち位置にある
グレードと言っても過言ではないのがアルテグラグレード

分かりやすく言うと兄貴分の最高峰グレード、デュラエースに近い性能を
弟分の105に近い価格でリリースしているのがアルテグラです

実際のところ、ホビーレースであればアルテグラでも
何ら不満を感じないと言われるくらい俊敏な変速性能を持ち、
105より耐久性もあるというところで自転車が趣味というスタンスであれば
アルテグラに落ち着く方が多いというのも頷けます

そんなアルテグラが2017年6月末にフルモデルチェンジしました!
変速段数は先代6800シリーズと変わらずリア11速仕様を引き継いでいますが
よりエッジの効いたデザインになっていたり、
各部の剛性感を向上させたりリアスプロケットがロー34Tと
非常に軽いギア歯数設定がされていたりと
更にかゆいところに手が届くようになり、使い心地が向上されています

シマノ アルテグラ(R8000)8点セット



商品コード shimano_ultegra_r8000
定価(税込): 107,292
販売価格(税込) 85,800 20%OFF!
メーカー SHIMANO(シマノ)
年式 2017年モデル
カテゴリー コンポーネント
メインスペック ■セット内容
STIレバー:SHIMANO ST-R8000
フロントディレイラー:FD-R8000
リアディレイラー:RD-R8000
クランクセット:FC-R8000
カセットスプロケット:CS-R8000
ブレーキキャリパー:BR-R8000
ボトムブラケット:SM-BBR60
チェーン:CN-HG701-11

数量:


代理店様に在庫があれば取り寄せができますので
一度お問い合わせください

完売表記の場合、店舗・メーカー共に完売となります
予めご了承ください

"店頭在庫あり"の表示でも店頭展示しておらず、
組み立て未完成の状態で保管している場合がございます
実車をご覧になりたい方は
ご来店前に連絡を頂けますようお願い致します

各部の紹介※クリックで拡大表示されます※


クランク/FC-R8000:先代6800シリーズよりマッシブなデザインになり、ゴツいイメージになりましたが、シマノ独自のホローテック(中空)技術により見た目とは裏腹に90g程軽量化されています。更なる変速性能アップの為、クランク及びチェーンリングも世代別で専用設計化が進んでいるのでクランクとフロントメカの新旧(6800とR8000)世代間の互換性は組み合わせによっては変速性能の低下に繋がる恐れがある為、コンポの世代は揃えておいた方が無難です

デュアルコントロールレバー/ST-R8000:ブラケット形状は先代6800シリーズの形状を受け継いでおり、握り心地は良好です。ブラケットは自転車で走っている限りずっと握りしめている部分だけに使い心地や握り心地は重要なところですが、このアルテグラのレバーは非常に完成度が高いと言えます。変速性能は世界のシマノですから文句無しの精度であるとだけお伝えしておきます

フロントディレイラー/FD-R8000:先代6800シリーズと大きく形状が変わったのがフロントディレイラー。リンケージ部の構造を大幅に変更し、少しスリムな形状になった印象を受けますが、実走行面ではより俊敏なフロント変速を実現しました

リアディレイラー/RD-R8000:見た目にエッジの効いたデザインがインパクトのあるリアディレイラー。MTB系コンポーネントでは既に実績のあるシャドウRD(ディレイラー本体が外に出っ張らない)になり、よりスムーズな変速と何かと接触しにくくなるという実用面でのメリットが生まれます。また、若干後方にオフセットされ、変速性能の向上に繋がる工夫がなされています

ブレーキ/BR-R8000:制動力の高さで定評の先代6800シリーズより更に制動力が向上しましたが、制動力は勿論の事、ブレーキコントロール(操作)性が格段上がっています。よりじわっと効かせる事がやりやすくなった印象を受けます

カセットスプロケット:基本的に11速である事に変わりはないので特記すべきところがないかと思えば、これまでになかった11-34Tというロー側がかなり大きい(すなわち軽い)ギア歯数が設定されています